リサイクルフォーラム第4号

★★国土交通省で第3回港湾・空港リサイクル推進協議会が開催★★


 さる平成13年3月23日、国土交通省10階特別会議室にて第3回推進協議会が開催されましたのでその概要を報告します。

<議事>
1 開会
2 座長挨拶
    国土交通省 大臣官房技術審議官 金沢 寛
3 審議
 1 港湾・空港等整備におけるリサイクルガイドラインについて
 2 港湾・空港等整備におけるリサイクル技術指針について
 3 協議会の今後の進め方
 4 その他

4 閉会

<議事内容>
*本ガイドラインは、港湾・海岸・空港整備事業においてリサイクルを推進するため、その取り組み方針を纏めた業務資料。今年度中に作業完成予定。
*本指針は建設副産物、産業廃棄物等を上記事業で建設資材として利用する際の技術解説書。
*参考までに目次を紹介する。なお、平成13年度リサイクルソリューション総会に先だってガイドラインについては港湾局環境・技術課長品川正憲氏に講演を依頼しています。
-----------------------------
港湾・空港等整備におけるリサイクルガイドライン目次(抄
第1章 総論
  1.1 目的、
  1.2 基本的な考え方
  1.3 副産物等の分類
第2章 建設副産物
  2.1 基本的な考え方
  2.2 建設副産物 (コンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊、建設副産物、建設汚泥)
  2.3 再生資材(再生骨材、再生加熱アスファルト混合物、再生木材)
  2.4 建設発生土
第3章 産業副産物等
  3.1基本的な考え方
  3.2 2〜5鉄鋼スラグ、非鉄金属スラグ、石炭灰、その他
-------------------------------
港湾・空港等整備におけるリサイクル技術指針目次(抄)

1.総論:目的、適用、基本的な考え方、廃棄物としての取り扱い
2.リサイクル材料の品質及び加工・改良技術
  建設発生土、建設発生木材、建設汚泥、鉄鋼スラグ、石炭灰、非鉄金  属スラグ
3.用途別の運用技術
  コンクリート用材、捨石被覆石、中詰、裏込、舗装用材、バ一チカル  ドレーン、サンドマット、サンドコンパクション、深層混合処理、盛  土・覆土
  <技術開発事例>

GO TO TOP