リサイクル技術第20号

(このページを含めて6ページです。)

English is here

新材料、登録技術の名称
重力式構造物の摩擦増大用アスファルトマット(KAM)
新素材、登録技術の
特徴、利点
再生骨材を使用した重力式構造物の摩擦増大用アスファルトマット
開発経緯、特許、
実用新案等
取得状況
昭和38年(1963年)から港湾局の指導により開発を進め、耐久性試験も最長26年使用分を確認。材料、施工法特許取得。
適用事例、
応用事例
港湾・漁港・突堤・電力施設などの波浪、地震対策として使用し、工費節減の実績多数
事業所名
(社名・団体名)
日本海上工事株式会社 会員区分
団体
所在地
〒112-0004  東京都文京区後楽1丁目7番27号

TEL;03(5802)6351  FAX;03(5802)6355

代表者名
西形 俊夫
役職
代表取締役社長
担当者名
(担当部署名)
星野 太(技術研究所 所長)
E-mail: hoshino@kaijyokouji.co.jp
http://www.kaijyokouji.co.jp/

添付資料リスト
1.技術資料(A-I-1)摩擦増大用アスファルトマット